時期を測って処分する

竹を効率良く伐採する方法の一つに、時期をみて伐採する方法があります。竹が最も成長する時期を狙って伐採を行なうことで、成長を食い止めることができます。
竹林として品質を保つのなら、秋から冬の間に伐採する方法が良いとされています。
全体の根絶を目的とする場合は、筍として生えた時点で処分することで、成長する前に処分することができます。… Read more

専門業者へ依頼する

邪魔になっている竹林を処分したい場合、伐採を行っている専門業者へ依頼するとスムーズに処分することができます。
高くなってしまった竹や傾斜に生えている竹の伐採は危険なので、安全に行なう為には業者へ依頼することをオススメします。
伐採後も危険な状態にならないように適切な高さに整えてくれるので安心できます。住宅の敷地内に侵入している場合は、根がすでに周囲に張ってる可能性が高いので竹根からの処分がオススメです。… Read more

敷地内の侵入を防ぐ方法

竹根の繁殖力は凄まじく、8メートル以上の根が周辺に張り巡ります。そこから次々に竹が生え、更に根を伸ばします。
伐採を繰り返しても手に負えない場合もあり、気づかないうちに自宅内に侵入しているという事がよくあります。
自宅内への侵入を防ぐためには、土を掘り起こし根を取り除く方法が一番効果的です。… Read more

処分方法まで考えるなら業者へ

個人で竹の伐採を行った場合、その処分方法に困ることが多々あります。燃やす方法が簡単ですが、法的に禁止されている地域がほとんどなので簡単に処分することはできません。
放置する方法もありますが、竹にムカデやダンゴムシ、ミミズなどが集まり、害虫が増える原因になってしまいます。また、完全に土に還るまで数年かかる場合があります。
処分までの過程を考えると、伐採から処分まで全て業者へ依頼した方がスムーズに作業を行なうことができます。… Read more